年収1億稼ぐ 人生戦略ガイド

066
    商品番号:066

    年収1億稼ぐ 人生戦略ガイド

    形式
    在庫状態 : 在庫有り
    ¥1,731(税込)
    弊社以外のオンライン書店で購入
    【紙書籍】Amazon | 楽天 | honto | ヨドバシ
    【電子書籍】Kindle
    《試し読み!》

    ■元ニート・ダメ社員から1年で3億円稼いだ著者が教える「最短で年収を3倍にする方法」

    自分の価値を高め、納得のいくキャリアを築くための、「自分への投資方法」を教えます。

    例)
    ・「視点の高さ」が“到達できるレベル”を決める
    ・「結果」よりも「プロセス」に着目する
    ・一流と三流を分かつのは「努力し続ける力」
    ・しつこく、深く考え抜ける「持久力」をつける
    ・成功する人は「自分の評判」をコントロールしている
    ・「コピーセンス」はその他大勢から抜け出すマジック
    ・つきあう相手は“厳選”する

    ■たった一人で放り出されても大丈夫な、「稼げる自分」をつくる

    多くの人が、収入を増やし、安定した経済基盤を作りたいと考えています。
    そのために仕事を頑張ったり、ビジネススクールに通ったり、株式投資などを学んだりしています。

    しかし本当の安定というものは、正社員として就職することや、昇進すること、多額の蓄財で得られるわけではありません。
    高給取りになってもその地位がずっと安泰である保証はありませんし、どんな大企業だって傾く可能性があります。資産があっても運用に失敗したり目減りする恐れがあります。

    結局、最後に頼りになるのは、「家もお金も仕事もなくしたった一人で世間に放り出されても、稼ぐことができる能力」ではないでしょうか。

    ■こんな人に読んでほしい!

    僕は大学卒業後、ニート状態でふらふらしており、やっと就職した会計事務所でも上手くなじめずミスを連発するダメ社員でした。

    そんな僕でも考え方を変えることで、転職して優秀社員賞を受賞するほど活躍し、さらに外資戦略系コンサルティングファームに移って年収も1200万円を超えました。その頃から始めた不動産投資と株式投資で、わずか1年で3億円の財を成しました。

    本書は、僕自身がニートだった頃の迷いや、外資戦略系コンサルティングファームでの経験、経営者としての経験、そしてこれまで出会ったスーパービジネスパーソンとの交流を通じて得た教訓をベースに、いかに「自分のブランドを構築」し、「幸せなキャリア形成」をしていくかを、僕なりの視点で述べたものです。

    とくに次のような人に、ぜひ一読してこれからのキャリアを考える材料にしてもらいたいと思っています。

    ・自分を高めたいと思っているが、何から始めたらいいか分からない人
    ・現在の職場やキャリアに満足できていない人
    ・仕事に慣れて、一段落してしまっている人
    ・将来に漠然とした不安がある人

    ■気づきや決意などを書き留めよう

    章末の「書き込み式ノート」が付いています。
    本を読んで、「なるほど、そういう考え方もあるのか」で終わらせるのではなく、気づきや決意などを書き留めるようにしてみてください。

    書いてみたことをベースに、ぜひあなただけの「人生戦略」を作り実践していってください。そうすれば、戦略的なキャリアメイクにプラスして、「縁」や「運」を引き込み、「幸運な偶然」をもたぐり寄せられる人材になるでしょう。

    ■目次

    はじめに――たった一人、世間に放り出されても「稼ぐことのできる力」とは?

    《人生戦略①》稼ぐ人の「頭の使い方」をマスターする
    5 “結果”よりも「プロセス」に着目する訓練を
    6 これまでの「仕事の常識」を捨てる
    7 スキル・知識だけでは「プロフェッショナル」になれない
    8 自分の仕事の「付加価値」を常に意識する
    9 “持ち運びできるスキル”を持て
    11 “得意分野の掛け合わせ”でオンリーワンを目指す
    など11項目

    《人生戦略②》「アウトプット勉強法」で差をつける
    1 勉強しない人は、人生で“大損”している!
    2 「実践で使う」ことを想定した勉強を
    5 外資系コンサルティング会社勤務だった僕の「楽しい英語学習法」
    6 MBA、FP……“資格”はどこまで使えるか
    7 “思考停止人間”が勉強すると、余計にバカになる
    8 「会計」をマスターしなければビジネスマン失格!?
    など8項目

    《人生戦略③》自分の「マシン性能」を徹底的に鍛える
    1 一流と三流を分かつのは「努力し続ける力」
    2 自分を「客観的に評価」する“指標”を持つ
    3 稼ぐ人は「アクション・プラン」を立てるのがうまい
    4 しつこく深く考え抜く「持久力」をつけるには
    6 「濃淡メモ術」から斬新な“解決策”がひらめく
    7 「思考の深さ」を客観的に検証する方法
    15 「未来の自分」を作る“先行投資”を惜しむな
    など15項目

    《人生戦略④》「問題解決力」を劇的に高める
    3 “依存心”があるうちはプロになれない
    4 「経験値」を積み上げないと見えてこないこと
    5 「視点の高さ」が“到達できる場所”を決める
    6 意欲・能力がある人ほど“評価制度”を気にしない
    7 「問題解決力」=「仮説立案力」+「共感力」
    など8項目

    《人生戦略⑤》どこでも通用する「自分ブランド」を確立する
    2 “引っ張りだこ”の人材になる条件
    7 「他者からの評価」に無頓着になるな
    8 客観的に自分の「市場価値」を把握する
    9 自分の“ウリ”に“独自性・希少性”はあるか
    10 「コピーセンス」はその他大勢から抜け出すマジック
    など13項目

    《人生戦略⑥》リターンを意識して「時間」を使う
    1 投資の手法を「タイムマネジメント」に応用する
    2 「価値の高い仕事」に時間を投入せよ
    3 “後回しグセ”を撃退する4つのメソッド
    7 “週末の過ごし方”で将来が決まる!
    など7項目

    《人生戦略⑦》人を動かす「コミュニケーション・スキル」を磨く
    1 “人的ネットワークのハブ”になれる人は強い
    3 つきあう相手は“厳選”する
    4 “信頼と人脈”を拡大する「二つの促進剤」
    8 説得する時は「結論を先に言うな」
    9 できる人ほど“上司をマネジメント”している
    12 大胆なチャレンジができる“味方”を作る
    など14項目

    終わりに――「自分の価値」を高め納得のいくキャリアを築いていくために

    ■著者略歴

    午堂 登紀雄(ごどう・ときお)
    1971年岡山県生まれ。中央大学経済学部卒。米国公認会計士。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて企業の税務・会計支援業務に従事。
    大手流通企業のマーケティング部門を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファームであるアーサー・D・リトルで経営コンサルタントとして活躍。IT・情報通信・流通・ 金融をはじめとした国内外の大手企業に対する経営課題の解決や事業戦略の提案、M &A、企業再生支援など、数多くの案件を手がける。
    2006年、株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズを設立。現在は不動産投資コンサルティングを手がけるかたわら、資産運用やビジネススキルに関するセミナー、講演で活躍。また、キャリアプランやビジネススキルアップに関する講演、企業研修、執筆等も精力的に行なっている。
    『年収1億の勉強法 年収300万の勉強法』『仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人』(学研プラス)『資産5億円を築いた私のお金が増える健康習慣』(アスペクト)など著書多数。

    ※本書は、2007年に発行された『30代で差をつける「人生戦略」ノート』(三笠書房)を再編集した内容になります。

    ログインしてレビューを書く事ができます。

    ログインする

    お客様のレビューをお待ちしています。