がん検診は、受けた人のほうが早死にする

092
    商品番号:092

    がん検診は、受けた人のほうが早死にする

    紙書籍
    在庫状態 : 在庫有り
    ¥1,320(税込)
    数量
    電子書籍
    在庫状態 : 在庫有り
    ¥864(税込)
    数量

    ■“がん検診で余命は伸びず、むしろ余命を縮める”
    医療統計学の第一人者が「がん検診の危険性」に警鐘を鳴らした1冊。

    ■マスメディアが決して伝えない不都合な真実
    日本では、国が胃・大腸・肺・乳房・子宮頸部に対するがん検診を推奨しています。

    しかし日本ではあまり知られていませんが、このがん検診の有効性には疑問が多く存在します。
    (ざっくりいうと)死に至るようながんは治療・手術では治らず、逆に多くのがんの場合、寿命のほうが早く尽きることが多いからです。
    また、厚生労働省検討会の報告書にもあるように、諸外国で同様の検診は必ずしも実施されていません。

    本書は、医師であり医療統計学の専門家である著者が、がん検診を受けることで寿命を短くしてしまう危険性を説いています。
    (がんは検診を受けるよりも、自分で予防すべき病気だと説いています)
    がん検診は有効性が低いだけでなく、「受けた人のほうが受けなかった人よりも早く亡くなってしまっている」ことに注目します。

    例えば肺がん検診の場合、世界的学術調査のすべてで、
    「がん検診は、受けた人のほうが受けない人よりも早死にする」
    というデータが出ているからです。

    検診を受けることによってがんを誘発したり、治療する必要がない部分を過剰もしくは誤って治療することで寿命を縮めることになっているのです。

    もちろん、がんの問題は人命に直結しますので軽々しく扱うことはできませんが、「なんとなくがん検診を受けていた人」は医療のもう一つの側面を知っていただく機会としていただきたいと考えています。

    ■目次
    【第1の理由】がん検診をいくら受けても余命は延びない
    【第2の理由】がん検診を推進している人たちの言い分は怪しい
    【第3の理由】がん検診に関する世論は操作されている
    【第4の理由】レントゲン検査でがんになる
    【第5の理由】がん検診で総死亡が増えている!
    【第6の理由】がんの運命は最初から決まっている
    【第7の理由】人間ドック、健康診断の深刻すぎる問題点
    【第8の理由】抗がん剤にまつわる怪しい話の数々
    【第9の理由】がんは自分の努力で予防できる

    ■「はじめに」
    がんは不思議な病気だ。
    「医学が進歩して、がんも治る時代になってきた」とか、「がん検診が普及して早期発見、早期治療ができるようになった」などといわれているが、そのわりに過去50年間、日本人が、がんで死亡する割合はほとんど変わっていない。
    厳密にいえば、若干の変動が認められるが、その程度はせいぜい2〜3割の低下でしかない。がん以外の病気と比べてみるとその差は歴然としていて、かつて日本人の死亡原因の第1位であった脳卒中はこの間、約7分の1に、また心臓病も半分以下に減少しており、3大死亡原因といわれてきた病気の中で、がんだけが特殊な状況にある。
    不思議なことは、ほかにもいくつかある。たとえば統計のしっかりしている先進国だけで比べると、がんの死亡率がどの国もほとんど同じなのである。死亡率がもっとも高いイギリスで人口10万人当たり222人、もっとも少ない日本でも179人で、その差は19パーセントほどでしかない。がん以外の病気で見ると、国ごとの生活習慣の違いや人種差などから、死亡率の差はもっとはるかに大きい。
    がんについての最大の不思議は、いくら早期にがんを発見し、いくら早期に治療を開始しても、その後の余命に差が認められないことである。「そんなバカな」と思われるかもしれないが、事実である。
    この事実を知って以来、私はがん検診を決して受けないことにした。本書は、このことを具体的に示す9つの論拠をあげながら、がん検診の問題点をわかりやすく解説したものである。本書の最後には、検診を受けるよりも、がんは自分で予防すべき病気であることも述べている。
    私は、患者データをコンピュータで解析するという研究を長年、大学で行なってきた。本書では、いわゆる医療否定本とは一線を画し、個人的な見解を排し、科学的根拠に基づいた分析と解説に努めた。
    本書が、間違った現代医療から身を守るための指針となれば幸いである。

    ■著者略歴
    岡田正彦(おかだ・まさひこ)
    1946年、京都府生まれ。新潟大学医学部卒業。同大学医学部教授を経て、現在は名誉教授。医学博士。専門は予防医療学で、遺伝子や細胞を対象にした基礎実験からビッグデータの統計解析まで幅広い研究を行なう。
    現代医療に関する情報が歪められて世の中に伝わっていることに気づき、学会活動と合わせて一般向けに正しい医療情報を発信する活動を行なっている。『がん検診の大罪』(新潮社)、『人はなぜ太るのか』(岩波書店)など著書多数。

    ※本書は、三五館から発行された『医者の私が、がん検診を受けない9つの理由』を再編集した内容になります。

    ログインしてレビューを書く事ができます。

    ログインする

    お客様のレビューをお待ちしています。