これ以上やさしく書けない 問題解決のトリセツ

014
    商品番号:014

    これ以上やさしく書けない 問題解決のトリセツ

    形式
    在庫状態 : 在庫有り
    ¥1,320(税込)
    弊社以外のオンライン書店で購入
    【電子書籍】Kindle | iBooks | Kobo | GooglePlay | BookWalker | honto | BookLive! | ReaderStore | eBookJapan | ブックパス | DMM | dブック
    【紙書籍】Amazon | 楽天ブックス | honto | ヨドバシ
    《試し読み!》

    ■さまざまな問題解決の「フレームワーク=思考法」を、豊富な図解とケーススタディでわかりやすく解説

    知識ゼロから、この1冊で、
    ・問題解決のための「フレームワーク=思考法」がわかる。
    ・それらフレームワークを「どこから、どうやって」使っていけばよいかがわかる。
    ・いかなる困難に遭遇しても、何とか解決できるはずだと、前向きに考える習慣が身につきます。

    ■本書の特徴――「問題解決の教科書」

    (1)問題解決のためのツールを、順を追って具体的に紹介
    「テーマ設定→現状分析→解決策の立案→解決策の実施」を支援するツールの利用法を紹介。

    テーマ設定では「MECE」「ロジックツリー」「ゼロベース思考」、
    現状分析では「パレート図」「プロセス分析」「マトリックスと図表」、
    解決策の立案では「ECRS」「オプション思考」「ブレインストーミング」、
    解決策の実施では「PDCA」「実行計画書」などを紹介

    (2)小説形式のケーススタディでわかりやすい
    問題解決のためのフレームワークをどのように利用するか、問題解決のジレンマをどう回避するかを、『ザ・ゴール』のように小説形式で具体的に書かれたケーススタディで解説。

    ■目次

    第1章 問題解決には3つのレベルがある
    第2章 問題解決はどんな手順で進めるか
    第3章 ロジカル・シンキングで問題解決する
    第4章 課題を捉える思考ツール―――ステップ1:テーマ設定
    第5章 分析力を高める思考ツール――ステップ2:問題解決
    第6章 解決策をみつける思考ツール―ステップ3:解決策の立案
    第7章 実行力を高める思考ツール――ステップ4:解決策の実施
    第8章 初級編I 個人の問題解決
    第9章 初級編II チームの問題解決
    第10章 中級編 部門の問題解決
    第11章 上級編 会社の問題解決

    ■著者略歴

    西村克己(にしむら・かつみ)
    芝浦工業大学大学院客員教授 経営コンサルタント
    東京工業大学「経営工学科」大学院修士課程修了。富士フイルム株式会社を経て、90年に日本総合研究所に移り、主任研究員として民間企業の経営コンサルティング、講演会、社員研修を多数手がける。03年より芝浦工業大学大学院「工学マネジメント研究科」教授、08年より同大学院客員教授。
    専門分野は、あらゆる業界や業務に適用できる「戦略+マネジメント+思考法」。具体的には、「プロジェクトマネジメント」「経営戦略」「戦略的思考」「ロジカルシンキング」。
    主な著書に、『1分間ドラッカー』『1分間コトラー』『1分間ジャック・ウェルチ』(SBクリエイティブ)、『問題解決フレームワーク』『戦略決定フレームワーク』(学研パブリッシング)、『ポーター博士の「競争戦略」の授業』(かんき出版)など約120冊超。

    「はじめに」より

    近年、優秀なビジネスパーソンには、「問題解決力」を身につけることが求められています。いわれたことができるだけでは、新入社員かパートタイマーと変わりません。社員には、現状をいかによりよくするか、という仕事が求められます。
    現状をよりよくするためには、問題解決力が不可欠です。それも、先にあげた3つの問題解決のなかの「改善」や「改革」ができる能力が必要になります。

    しかし、問題解決力を身につけたいと思って勉強しても、簡単に身につくものではありません。
    たとえば、問題解決のいろいろな手法を学んでも、手法の使い方がわからなければ、“宝のもち腐れ”になってしまいます。また、そもそも問題のどこから手をつけていいかわからないという状態では、問題解決のしようがありません。

    このようなことがないように本書では、さまざまな問題解決のツール=思考法について、順を追って具体的に紹介しました。

    まずは「問題解決の手順」を学習します。次にロジカル・シンキングを中心とした「問題解決の手法」を学びます。問題解決の手順に沿った形で学ぶので、手法の使い方がよく理解できるでしょう。
    そして仕上げとして、改善から改革までの「問題解決の事例」を4つご紹介します。
    事例をもとに、手順、手法と利用場面、事例による実践での活用法を学ぶことができます。いってみれば、ロジカル・シンキングを超越した、「問題解決型ロジカル・シンキング」でもあります。

    この問題解決の実学によって問題解決力を高めれば、いかなる困難に遭遇しても、何とか解決できるはずだと、前向きに考える習慣が身につきます。本書で紹介した問題解決のツールを使いこなせれば、あなたの能力は飛躍的に向上するはずです。
    問題解決力は、言い換えれば「現状打破の力」です。問題解決力を高めて、あなたの未来を切り開く力を身につけましょう。

    ログインしてレビューを書く事ができます。

    ログインする

    お客様のレビューをお待ちしています。